カブのリアキャリア、とうとう4代目に更新(ケーターのアーバンボックスをクロスカブに取り付けた)

私はカブのリアキャリアにこだわりがあります。

というのも、バイクを色々物色してたんですが、荷台が水平のバイクって全然(今は)無いんですよ。

つまり、カブをカブたらしめてる要素の1つが、この「水平の荷台」だと思うのです。そして、水平の荷台はまさに「リアキャリア、好きに付けていいですよ」というホンダからのメッセージと読み取れるわけです。(勝手にそう考えてますw)

ということで、過去に、4回もリアキャリアを付けてるわけですが、やはりもうちょっとこだわりたくて、この度、ケーター(ケター?)のアーバンボックスに更新することにしました。

ケーターのアーバンボックスを選んだ理由ですが、それはまた後日として、取り付け方のおさらいをしてみたいと思います。


まず、何はともあれ、ホンダの純正ステーを買います。

使いづらい部分も多々ありますが、ホムセンで同等のものを揃えるとなると、結構苦労しますので・・・。

ちなみに、純正ステーには、ボルトが4本付いてるタイプのものもありますが、そちらは私は買いません。4点留めとなると、巨大リアキャリアを好む私からすると不安だからです。

そして、最大の特徴がこれ!

ホンダの純正ステーセットには、穴あけ用のガイド紙がついてます。

これを上記のように、養生テープでリアキャリアにくっつけた後、キリ等で穴あけのための印をつけるのです。

※紙は再利用するので、湿気などを吸って縮んでしまわないように、丁重に保管しておくことをオススメします。

なお、これが非常に重要なのですが、穴あけの位置は、リアキャリア側から見た時に、側面ギリギリの位置に調整する必要があります。ガイド紙しか意識していない場合、

この赤線のところにリアキャリアが来ることになり、背中が当たります。Youtube等を見ていると、やり直しをしている人がかなりいます。私も、初めてこのガイド紙を使った時は失敗して穴を開け直しました。


キリで穴あけ位置に目印を付けた後、ドリルで穴を開けていきます。ホムセン箱はまず材質がポリプロピレンであるため、やっすいドライバーでも全く問題ありません。

こんな感じで穴を開けることになります。

それにしても、ケーターのアーバンボックスがやりやすいのは、組み立て式であるため、底面の作業を先に行ってから、組み立てが行える点です。

組み立てて、ボルトで留めるとこんな感じです。

ちょっと、脱着可能にしたかったのですが、そこは時間も無くてあまりうまくいきませんでした。

また、穴の微妙なズレ(数ミリ)のせいで、ケーターのアーバンボックス底面にある段差にネジ山がひっかかってしまってます。(固定としては問題ないですが、谷にボルトの山を落としたいところです・・・)

ということで完成するとこんな感じです。

ケーターアーバンボックスの重さですが、5.2kgなんですね。がっちりしてるので重いですが、スタンドを立てた状態でも後輪が地面についていないのが良い感じです。


さて、カブに巨大リアキャリアを付けた時の心配事が「車高が高い車やトラックから、テールランプが見えるのか」という点です。

これについて、目視で大丈夫そうなのは確認してましたが、実際にどれくらいの距離なら大丈夫なのか、計算してみました。

懐かしい三角関数です。

角度と高さが分かれば、必要となる距離が分かります。ちょっとハイエースを中心に書いてありますが、10トントラックも、私の通勤経路では走ってたりするのと、おそらく一番アイポイントが高いのがこれなので参考として追加しました。(ハイエースの車高を書いてある図を加工したくなかったので、トラックの位置がだいぶ後ろに見えてます)

図を見れば一目瞭然かと思いますが、ハイエースは車間距離が3.57mあれば、テールランプは見えることになります。10トントラックの場合、6.59メートルです。

なお、交通事故弁護士ナビ

https://jico-pro.com/magazine/103/

によると、制限速度50kmの一般道の場合、一般的に後方車両が取るべき車間距離は、走行速度から15を引いた距離が安全とされているようで、適切な車間距離は35mとのことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする